サッカー | Tobacco Archives blog
たばこと、サッカーと、ラーメンと、鉄道と、いろいろと。
たばこを軸に俺の日常とHPの状況などなど雑多に。
本HPは、右上の Link から
詳細はhttp://tobaccoarchive.sub.jp/ (放置中ですが)までお越し下さい。
Profile
Search this site.
いまどうしてる?
F.C.TOKYO
j-league
今年はどうなん?
MOBILE
qrcode
Others
平塚へ行ってきたよ。〜ルーカスダービー〜
交代策がキーポイント。


#54 湘南ベルマーレ 1-2 FC東京
(2011 J2 第34節)

まず、東京の選手紹介が「ダース・ベイダーのテーマ」でひと笑い。
湘南の方々わかってらっしゃる。

そして、自由すぎる「大磯町長」でふた笑い。

代表とか累積とかいろいろありまして、大きく先発メンバー変わっております。
デカイ番号ばかりだし、外国人3人投入も今年初かもしれません。
これはこれで仕方ない。

下田、ノースが十分な戦力になることがわかったのもありがたい。
下田はアジエルに振り回されてたし、ノースは高さとポジショニングがいいけど
パスの精度がないとか、そういうところもわかったのがいい点。
前節までのレギュラーぶっ飛ばしてくれよとも思う。

まぁ、前半はしょっぱかったけどね。

動いたのは後半。草民に代わってセザー。
ここ最近のセザーがキレてないのが不安だったのですが。
本当にごめんなさいです。

1点目はセザーのヘッド。よくあわせてきた。
ま、セザーの得点と言うよりも、これはYAZAWAの仕事が8割。
ライン割りそうな球を追っかけて間に合わせて、それが点につながる。

そして、点取って、浮かれたまま切り替えができないまま1.2分で点取られる。
湘南のPK。これももう伝統芸能ですな。何年経っても治りません。

2点目もセザー。北斗が粘ったのをマイナスに合わせたところに落ち着いて。
あんなトラップできねーよ。


他にも北斗がここ最近にないキレっぷりだったとか、
セザーが入ってルーカスがひとつ下がって貢献してたとか、
石川が90分使えそうとか、
YAZAWAのフカシはお約束通りとか。
いろいろと総合力でもぎ取った試合。

ここ最近アヤシイ試合が多かったですが。久々にいい話。
今年の残りも少ないので一つひとつを大切に。
| サッカー | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
味スタへ行ってきたよ。〜適度な落としどころ〜
ヴェルディだけには負けられない、っていうけど、
負けられない試合って全部じゃねぇの?


#53 FC東京 1-1 東京ヴェルディ
(2011 J2 第33節)

ヴェルディに関しては好きとか嫌いとかいう感情もありません。
そもそもヴェルディってこんなガツガツとしたプレイスタイルだっけ?
どうでもいいけど。

東京の調子の悪い時にあたってしまったのがもったいないですね。
連戦なので疲れが溜まっているのは分かるんですが、
どうも直近のミスを引きずってしまう悪い癖がね。
ま、去年からの課題ですが。

トラップが下手、ボールもらってからの判断が遅い、チェックが甘いという
東京のダメなところをきっちりと狙ってきます。
というか、それだけ。
パスミス奪ってカウンターってわかりやすい組み立て。
確かに、はまれば得点力の高いサッカー。

東京がフェイントとかのテクニックでキレイにかわそうとするのとは違って
ボールに対して常に2人以上が絡んでくるのはヴェルディのいいところ。

ヴェルディのディフェンスが土屋頼みだったので、
こういった相手には坂田よりセザーが向いているんじゃないかと思うのですがね。

ルーカスの得点もバウルの得点もどうでもいいや。
ま、来年は対戦しないからね。
| サッカー | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
武蔵野へ行ってきたよ。〜ナビスコカップをぶっとばせ!〜
今年のナビスコなんかよりこっちのほうが面白そうだろ。


#52 横河武蔵野FC 0-0 MIOびわこ草津
(2011 JFL 後期第13節)

昇格も降格もあまり関係のない順位にいる両チーム。
前半はメインMIO側で見てましたが、後半からはバックの芝生でのんびり観戦。
たまにはこんなのもいいでしょう。

試合自体は前半でMIOの要、アランがレッドで退場してしまってからは
展開が上手くいかない。
それでも一人少ないはずなのに、特に防戦一方になることもなく、イーブンな展開。
というか、横河が攻め切れない。
今年の横河はいつもこんな感じ。調子よくないですね。

後半始まってからどっちにも得点の香りがしないので0-0で終わりそう、
と思ったらその通りに終わってしまいました。
互いの順位の理由のわかるサッカーでした。

それでも、浦和絡みの試合よりは100倍面白いですけどね。


それよりもMIOの胸スポンサーにのけぞる。
写真見なおしてはじめて気がついたのですが、滋賀県かよ。
それも「滋賀県草津線複線化促進期成同盟会」って、シブすぎる。

マジな話、米原行きの新快速の後ろ4両だけ、とかでも直通にできるだけでもだいぶ違うぞ。
夕方にある京都行きも中途半端だし、野洲止まりの列車とか分割併合上手くやれば
利用者数も草津線沿線開発もできるんじゃないかとは思いますけどね。
| サッカー | 03:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
国立へ行ってきたよ。〜腑抜けたサッカーの結果〜
キリの付け方の問題。


#51 FC東京 2-1 大分トリニータ
(2011 J2 第7節)

京都から直行です。目論見通り。

先制はラッキーなかたち。これはこれでいいでしょう。
衝撃は前半ロスタイム。
俺の前俊のありえへんシュート。1年遅いよ。

最悪のかたちで前半終わりました。
そして、これがガッツリと後半に響いてきます。

立ち上がりは良かったんですが、
時間が進むに連れて徐々に噛み合わなくなってくる東京。

何の捻りもない交代策。
こねて出しどころのなくなる梶山。
右サイドを上がるだけで怖くない北斗。
相変わらずパスしないセザー。

ダメな部分が重なり合うのですが、全く修正できない。しようとしない。
ここ最近あまり見たことのないダメな東京。
それでも点取られなないのは大分もたいして良くなかったから。

最後の失点はすごくスロー。完全に足が止まる東京。
あのセザーがディフェンスですよ。軽すぎて何もできなかったけど。
誰も間に合わない取られるべくして取られた点。

どっちの失点もロスタイム。
おそらく、ピッチにいた東京の11人が全員
笛がなるまで逃げきろうという魂胆だったのでしょう。
だからプレーが軽くなったんですね。


そういえば先週の横浜FC戦でもこんな感じだったんですよね。
最後の石川ゴールで誰もが全部忘れてしまったんですけど。

ま、結果としては負けてしまいましたが、
首位は首位なんだし、そんなに心配する程でもないんではないでしょうかね。
ネガティブな堪え性のない人はウルサイですけど。
| サッカー | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
鳥栖へ行ってきたよ。〜痛み分け〜
はじめてのとす


#50 サガン鳥栖 0-0 FC東京
(2011 J2 第32節)

マラソンのせいで博多に泊まれず。
新幹線乗りたかったので、思い切って鹿児島泊。
途中で乗り換えた熊本でも、甘木鉄道でも東京人(◯トウさんだけど)見かける。
おそるべし。

今年の鳥栖が強いのは基礎をしっかりやってるから。
ボール取られたら必ず2.3人でチェイス。
東京相手のドリブルにも必ずちょっかい出して終わる。
守備もかっちりとライン作って対処。それも打ち合わせと練習の賜物。

たぶん、今まで見てきたJ2のどのチームよりも愚直に素直に
信じてやっているような気がします。
だからこそのこの順位。

そのぶん攻撃は豊田頼みだし。その後ろからのボールを
東京がかっちりマークしてたのでなかなかいいボールが出てこず
抑えられていたのでは仕方ありません。
簡単には勝たせませんよ。

東京も簡単には打たせてもらえず、サイドを揺さぶりながらの展開。
でも、届かない。
しかも後半途中からは引き分けシフトを考え始めた模様。
そうなると、途中出場でかき回して別の展開やってみないと。
そこで出てくるのが石川とかセザーっていうもの反則級なんですけどさ。
それでも鳥栖の守備を崩す事ができず。

この展開だとセザーより坂田入れてかき回したほうがいいかと思うんですがね。
それは監督の采配だから私は何にも言えません。

勝てはしなかったものの見応えのある試合。
ぜひ来年も見たいものです、ここで。

帰りは飛行機が結局40分くらい遅れてギリギリですよ。
| サッカー | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
三ツ沢へ行ってきたよ。〜この瞬間のためにここに来た〜
寒いよ!


#49 横浜FC 0-1 FC東京
(2011 J2 第6節)

中2日でこんなに気温下がるとはね。
町田での「代表戦」なんぞ前座ですよ。メインはこっち。
このために休みとったら、たまたま町田で練習試合やってたんですよ。

横浜線で横浜駅へ。たぶん初めて乗ったな横浜線。

ここのところ調子の良くない横浜はホームの三ツ沢ということもあり、
どこかしら気合が違います。

ただ、横浜の調子の悪い理由もわかります。
細かいミスも多いし、ゴールまで運べない。なんかちぐはぐ。
そこに助けられてもいます。

後半に入るとファールも増え若干荒れた展開に。
でも、東京もなかなか点に繋がりません。
どフリーをふかしたり、いいのをポストに弾かれたり。
たぶんこんな日はダメなんでしょうね。
ま、負けなければいいのですから。

後半残り僅かな時間に横浜にイエロー2枚目で退場者が。
となると、横浜はわかりやすく引き分け狙いで固めてきます。
それはそれでいいのですが、そこに予想外の展開が待っていました。

後半ロスタイム、もうすぐ終わるかと思われた刹那、
気がついたらゴールにボールが吸い込まれてました。
石川のボレーだったらしいのですが、そんなの覚えていません。

ごめんなさい。オレ、引き分けでいいと思ってました。

このタイミングで勝ちきれるとは、なんか強いチームみたい。
有給とってきてよかったと感じる瞬間。
3,4位の札幌、徳島、千葉が敗れたこの日の勝点はかなり効果的。
が、まだ決まったわけではないのでこれからも気を抜かないでいければね。

そして、次節はしれっと1位2位対決、vs鳥栖。
日程くん…恐ろしい子!
| サッカー | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
野津田へ行ってきたよ。〜これも代表戦〜
4000人も来たのかよ!


#48 町田ゼルビア 1-3 U-22日本代表
(トレーニングマッチ、要は練習試合)

予想よりも早く着いてしまったのですが、鶴川駅では何も食う気が起きず。
通常のJFLの時とは違ってバスの動きが読めないので、
そのまま行くことに。結果としてはこれでよかった。

なんとなく代表側は混みそうな予感がしたので、ゼルビア側で観戦。
あれよあれよというまにどんどん人が来る。

この平日の昼間に何やってんだか。(オレ含め)

残念ながらU-22はJFL以上にひとがわからない。
名前聞けばわかるんでしょうけど、顔が一致しない。

立ち上がりはU-22ペース。5分くらいであっという間に点取ってしまう。
ゼルビア側のせいか非常に静か。
30分くらいにゼルビアが追いつく。さすがにこれは盛り上がる。

後半はU-22の時間。さっくり2点取って勝利。

勝利、とはいえ練習試合。勝ち負けにたいした意味はありません。
U-22にとっては明らかに同世代のチームでも、
J1J2でもない相手でやりづらかったんでしょう。
それが目的かもしれません。

ゼルビアにとっては今後のJFLは昇格のかかるプレッシャーのキツイ季節。
それを踏まえて「上手くて当たり前」のチームと当たれたのも
大きな経験になったでしょう。

どちらかと言えば、ゼルビア側にメリットのあった一戦だったのではないかと。
そんなことを思ってしまう水曜日。

でも、もう一試合あります。
帰りは町田駅行きのバスが来たのはラッキー。横浜線で横浜へ。
| サッカー | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
味スタへ行ってきたよ。〜学芸大ルーレット〜
暑いよ!


#47 FC東京 3-0 ファジアーノ岡山
(2011 J2 第31節)

やらかしたねぇ、チケット忘れました。飛田給で気がついても何もできねぇ。
いい大人なので、お金で解決。
でも、結構痛い。

そんなこんなで岡山戦。13時キックオフは早いよ。

10月でこの気温は体力勝負になってくるはず。
序盤はそんな感じで互いに様子見の展開。
YAZAWAは相変わらず枠捉えられないし、椋原は撃ち上げるし、いつもの展開。
草民がなんだか調子が良くない。

それでもコーナーからのセットプレイで森重シュート。
こぼれ球だけど。なんでそこにいるんだ?
東京のセットプレイで点が取れるのもJ2だから。

2点目は美しい。
こぼれ球ひろった高橋が、DFをターンでかわしてミドル。
これが入ってしまう。一生に何回かのレベルのシュート。

パス受けて、ヌルッと岡山DFかわして確実にシュート。
前の日に釜本邦茂が言ってた、きちんと止めてからのシュート。
これで3点目。

前半で3点取れればもう文句のない前半。
そのまま見どころもなく後半も終わっちゃいました。

順位的にはちょっと抜け出しました。
でも、まだまだ安心できません。残りもきっちり負けないようにしていただければ。
| サッカー | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
西が丘へ行ってきたよ。〜こちらも昇格争い〜
松本山雅のいま


#46 横河武蔵野FC 0-2 松本山雅FC
(2011 JFL 後期第11節)

前節、ここでやってた町田もそうですが、
J準加盟チームにとってはそろそろ昇格を意識しはじめます。
町田も山雅も明暗を分ける4位5位をウロウロしてます。
ってことは、確実に勝ち点を取らねばならないのですよ。

キックオフからその心意気は感じるのですが、
力入れ過ぎでどうもカラ回りっぽい。
まぁ、今季の横河がダメダメだったんで助かってますけど。

さっくり1点は取ったもののそこからが長かった。

攻めてはいるものの試合は動きません。
むしろ横河が元気になっていく。

後半最後のほうにようやくの追加点。
このタイミングで来られると武蔵野も何もできません。

横河のコンディションとか現在から見れば
もっと点がとれてもいいような気がしますが、
取りきれないところが山雅の危ういところなのかと。

現状5位なので、もうちょいがんばらんと。

大量の山雅に真っ向勝負かけてた
横河のトランペットくんももう少しがんばれ。
| サッカー | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
深川へ行ってきたよ。〜みられませんでした〜
前半で試合は終わったようです。


#45 FC東京U-18 0-1 静岡学園高校
(2011高円宮杯U-18プレミアリーグ 第15節)

間に合うかどうか微妙だったんですが、とにかく行ってみた。
前半の前半くらいに着いたのですが、その時点で結果はついてたみたいです。

着いて初めて感じたのは「なんかバタバタしてるなぁ」ということ。
いいところまでもいかない。
それは静学のディフェンスが効いているということなんですけどね。

後半は、前半よりもシンプルに攻め始めたイメージ。
ある程度までは攻めていくのですが、どうももう一歩が出てこない。
そしてゴールが遠い。


今年のU-18事情には疎いのですが、よくないようですね。
| サッカー | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ